食欲を抑える薬、それが食欲抑制剤です。人間の欲求を止めてしまうとは、少し怖い気もします。とはいえ肥満で悩んでいるならば、治療法のひとつとして極めて有効です。ただし使い方が重要です。まずは正しい知識を持ちましょう。

■食欲抑制剤は医薬品です
食欲抑制剤は、基本的に医薬品です。使い方が大変重要になります。言い換えると、使い方が正しければ確実な効果が期待できます。気になる人は医師と相談の上、利用してみることをおすすめします。一方で有効な医薬品であればジェネリック薬が多く登場するのも否めない現実です。

実際にネットで検索すれば、比較的安価に購入できる薬が多数ヒットします。有効性は変わらないので試してみるのも一法です。なおダイエットサプリなどもありますが、効率で考えれば食欲抑制剤に軍配が上がるでしょう。医学的な肥満にまで達していないならばサプリメントでも目的を達することができます。状況に応じて使い分けたいですね。

■確実な効果が最大のメリットです
食欲抑制剤にはいくつかのメリットがあります。もちろん最大のメリットは確実な効果です。効果があるからこそ日本の厚生労働省やアメリカのFDAなど公的機関が承認をするのです。これほど信頼できるものはありません。また中枢神経系に作用するので、人間の意志が介入することなく、太る根本である食欲をコントロールしてくれます。

食べなければ太ることはありません。そうしたメカニズムこそが確実性を生み出す源泉です。一方で怖いと感じる人もいるようです。劇的な変化を生み出すからでしょう。とはいえ医師の指導に従って適正に使用すれば、ここまで安全な方法はないでしょう。中途半端なダイエット法こそ危険なことも多いようです。

食欲抑制剤のリデュースとは何か?特徴やメリット・デメリットを知ってから使いましょう

■デメリットは依存症のリスクです
メリットがあればデメリットがあるのも必定です。例えば食欲抑制剤が持つ最大のデメリットは依存性が生まれるリスクでしょう。薬に慣れてしまうと、もっと強力なものが欲しくなります。これだけは避けたいことです。また食欲を抑えるので拒食症の心配もあります。

目安※リデュース http://www.ntp-k.org/medicine/kaizen/reduce.html

食べることに罪悪感を覚えてしまうリスクです。こちらも行き過ぎると改善が難しいので注意したい点です。少しずつ変えていきましょう。さらにリバウンドのリスクがゼロではありません。投薬スケジュールにある休薬期間の過ごし方が重要です。油断すると何度も繰り返すことになりがちなので気を付けましょう。

■入手方法はネット通販もあります
医薬品であれば、基本的な入手方法は医師に処方してもらうことです。肥満治療になれば健康保険が使えるケースもあります。もちろん美容クリニックなどでも使用している事例が少なくありません。クリニックへの敷居が高いと感じるならば、今ではネット通販でも売られています。

特にジェネリック薬が安く買えるパターンもあります。信頼できるサイトから購入してみるのもよさそうです。慣れてくれば個人輸入も可能です。ただし税金の支払いや違法薬物などの法律問題もあるため、素人が安易に手を出すと危険です。実績のある業者もしくは通販サイトを探しましょう。

■コスパはどうなのか
正規品の食欲抑制剤はちょっと割高になるかもしれません。とはいえ中途半端にダイエットを繰り返したり、続けられないようなサプリ、器具の購入を考えれば、コスパは高いでしょう。2回以上ダイエットに失敗した経験があれば、食欲抑制剤を検討してみることをおすすめします。

根本から変えてくれるので、成功率は高いですよ。

■正しく使いましょう
薬は、正しく使えば有効ですが、間違って使えば有害なことも稀ではありません。効果がない!文句を言う前に、適正な使用法、生活習慣の改善などへ真剣に取り組みましょう。食欲抑制剤なら確実な結果が約束されています。